ホーム » 豆知識 » 3,000万円特別控除ってなに?

3,000万円特別控除ってなに?


不動産を売却する際には税金が掛かることがあります。

 

『譲渡所得税』という税金です。

 

簡単にいうと、買った価格より売った価格が高かった場合に掛かります。

ご自身でご購入して取得した不動産ならあまりないケースですが、購入時の価格を証明できなかったり

相続で取得した場合、利益が出たとみなされる場合があります。

そんなとき使えるかもしれない制度が

 

『3,000万円特別控除』

 

です。

 

こちらはご自身がお住まいになっていた不動産を売却した場合、

3,000万円の利益までであれば控除する仕組みです。

住まなくなってから3年を経過する年の12月31日までに売却が必要であったり

土地として売却する為、建物を壊してしまった場合は、取り壊した日から

1年以内に売買契約を締結しなければならないという時間の制限があったりますので注意が必要です。

 

高く売れるに越したことはないですが、税金が掛かる可能性がありますので

売却する前に確認が必要です!