エリアネットの家の性能 断熱 保証について

強い。

強度2倍以上
耐水性・断熱性にも優れる

ノボパン(パーティクルボード)

一般的な住宅ではOSB合板という、ホームセンター等でよく見るような合板を用いることが多いのですが、OSB合板は水を吸いやすい性質があり、例えば建築中に雨が降ったりするとOSB合板が水を吸い、断熱材まで染みてしまう恐れがあります。

その影響で本来なら壁いっぱいに入っていなければならない断熱材が水分でぐっと下に下がってしまい、断熱性能が下がってしまうという事態になりかねません。

エリアネットの家は外壁の下地材には主に、ノボパン(パーティクルボード)9mmを用いています。

ノボパンはなんと、一般的な合板に比べて2倍以上の強さを備えた、国土交通大臣認定を取得している構造用面材です。

耐水性はもちろん、遮音性、断熱性にも優れています。

 

暖かい。

ただでさえ断熱性能の高い外壁下地材「ノボパン」の上に

優れた断熱性能を持つ「高性能フェノールフォーム」を施工。

内断熱×外断熱のW断熱

高性能フェノールフォーム

壁の間に断熱材を充填する「内断熱工法」が一般的な住宅で採用されることが多いのですが、エリアネットでは内断熱材として「高性能グラスウール100mm」を施工したのち、さらに、柱や壁を含んだ家全体を「高性能フェノールフォーム」で囲うという、内断熱と外断熱のW断熱を採用しています。

通気性はどうなの?

ご安心ください。エリアネットの家は、壁に通気層を作っています。壁の中を空気が流れることで、冬暖かいだけでなく、夏の涼しさも実現。

通気層があることで湿気や結露を防ぐことができますので、木材が腐食することもなく、家が長持ちします。

安心。

厳密な検査体制

エリアネットでは、工事中の品質管理を徹底しています。

自社による検査はもちろんのこと、

  • 基礎配筋検査(基礎配筋工事の完了時)
  • 躯体検査(躯体工事の完了時)
  • 外装下地検査(外装下地の完了時)
  • 断熱材検査(断熱材施工時)
  • 完工事検査(建物本体工事完了時)

の計5回、第三者機関による検査も行っています。

 

自社+第三者の目でWチェックを行うことで、お客様に安心の住まいをご提供いたします。

安心の10年保証

厳しい検査に合格した家だからこそ、

エリアネットの家には10年の保証があります

(住宅瑕疵担保責任保険)

厳しい検査に合格した住まいなのに、万が一住み始めてから不具合が生じてしまった場合には、エリアネットが責任を持って修繕させていただきます。

※保証されるのは「基礎」や「土台」「柱」等、構造耐力上主要な部分と、「外壁」や「屋根」等、雨水の侵入を防止する部分です。

※保証期間は10年間です。(※条件によっては期間延長も可能です)

▼株式会社日本住宅保証検査機構 公式HP

https://www.jio-kensa.co.jp/

驚愕の米谷保証

※米谷はエリアネット新築部門の営業・プランニング担当者です

イメージしやすくわかりやすい説明で、住んでから後悔しない家づくりをお約束します!

完成してから「なんかイメージと違った・・・」といったことにならないように、プランニング中もショールーム見学のときも、とにかくお客様がイメージしやすいよう、わかりやすい説明とご提案を心がけています。

※同僚からは、米谷のショールーム案内は楽しくてわかりやすくて、まるで◯◯◯ーランドのようだと言われています。笑

どこの会社の営業担当よりも現場に行って、お客様の代わりにめちゃめちゃチェックします!

お仕事に育児に家事に忙しいお客様に代わって、米谷はとにかくたくさん現場に足を運び、正確に工事が行われているかチェックします。

現場の大工さんや職人さんにも気持ちよく、良い家を建てていただけるように丁寧な対応を心がけています。

私のお客様になっていただいたからには、お客様の一生を背負ったつもりで一生ご相談に乗らせていただきます!

米谷のお客様は、一生米谷のお客様です。

前職時代のお客様とも未だにお付き合いがありますし、困った時などの対応もさせていただいております。

ご安心ください。米谷はお客様の為なら24時間相談OK、一生お客様の味方です!