札幌・千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!株式会社エリアネット

  • エリアネットTwitter
  • エリアネットinstagram
  • エリアネットfacebook

千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!

店舗へのお問い合わせ0120-752-555毎週水曜日定休
営業時間 9時〜18時

2022.03.15

【解説】不動産を高く売るコツ、買取と仲介の違いはご存知ですか?

不動産を売却する場合、なるべくなら高く売りたいと誰もが考えます。不動産の一括査定サイトを利用するだけで、高く取引できると勘違いされている方も少なくありません。不動産査定サイトは手段にしか過ぎません。勘違いされている事も多いので、今回のコラムでエリアネットが考える「不動産を高く売るコツ」をお伝えいたします。

全ての業者が不動産査定が得意とは限りません

不動産査定をされる際に複数業者に依頼をされる場合がほとんどですが、不動産会社は業務内容で得意、不得意があります。

例えば賃貸がメインだったり不動産管理が得意だったりと、同じ不動産業者でも得意分野、不得意分野があるのです。

ですので、賃貸業がメインの会社に不動産査定の依頼をしたとしても、そもそも査定の仕方が分からなかったり、販売活動の仕方がわからない、諸経費の計算ができない、ローン提案ができないなど、有名な会社でも本業が何なのかの確認は最低限必要です。

「不動産査定=買取査定」ではありません

不動産一括サイトに「相場より500万円高く査定額が提示された!」などの広告をよく見かけます。不動産の査定はいくつもの方法があります。上記の「500万円高く」というのはあくまで机上の話です。勘違いされている方も少なくありませんが、参加している業者の多くが初めは「仲介査定」の提案を致します。

「買取査定」の希望があった場合にはじめて買取査定を提案する事が多いです。この「仲介」と「買取」の二つの違いをしっかりと確認しないと、勘違いに繋がってしまうことがあります。

不動産の仲介と買取の違いとは?

「買取」はイメージしやすいと思われますが、中古車屋さんに車を買取ってもらう、リサイクルショップに不用品を買ってもらう、など企業に買取ってもらう事を指します。

一方「仲介」は一般の方に販売を致しますので、個人売買やインターネット上ではメルカリの様なイメージです。

「買取」の場合は企業が購入するので高ければ高いほど、お手元に入ってくる金額は高くなりますが、「仲介」の場合は高い査定価格であっても購入者が現れなければ取引する事ができません。成約には至らないという事です。

すなわち一括サイトで「〇〇◯万円高く査定してもらえた!」は成約価格ではなく、「仲介査定価格が〇〇○万円高く提案された」という事です。「仲介査定価格」は予想価格になりますので、実際に取引される額ではない可能性があり、いくらでも調整できます。

ちなみに一括査定サイトは業者間で販売依頼を頂く為に競争しています。複数業者の中で勝ち残る為に高い査定額を提示して、売主様に接触する機会を試みる会社がありますので、冷静な判断が必要です。

どの様な判断基準で業者を選ぶべきか?

上記でお伝えした業者によって得意分野がありますので、まずは不動産売買に慣れている会社を選ぶ出来だと思います。他には大手不動産会社が良いのか?地元に根付いた地域密着の会社が良いのか?知り合いがいる不動産会社が良いのか?など悩まれますよね。

購入される方は何を重視して不動産探しをされているのでしょうか?

ご自身の希望されている条件で探されています。会社の規模や地域専門かは判断基準に入っていないことがほとんどです。希望に近い不動産を探しているので会社で判断していないのが実情です。

買主様はインターネットを利用して不動産探しをして、気に入った不動産が見つかるとお問合せを行います。後付けで取り扱っている会社を調べたり、担当者を調べたりして、安心できる材料を集めてから内覧をするかの判断をする傾向があります。

上記の理由から「あの会社は間違いない」と判断することは難しいのが実情です。

高く売る為には何が必要?

不動産を高く売るために選ぶべき不動産会社のポイントは

  • 販売に慣れているか?
  • 営業担当者との相性

この2点が重要になると思います。

販売に慣れている不動産会社

販売に慣れている会社は、販売資料の作り方、写真の掲載の仕方、掲載情報のおすすめコメントなどにも気を遣って広告します。購入される方の多くはインターネットからのお問合せになりますので、如何に良い表現が出来るかがお問合せの件数に響いてきます。

折角良い不動産でも、適当に広告されてはお問合せに繋がらなくなります。

営業担当者との相性

不動産のご売却は人生において何度も繰り返すものではありません。「知り合いに頼んだんだけど悪いから言いにくい」「友人だから言わなくてもやってくれているはずだ」とよく聞きます。ですので私はお勧めしません。

ご自身の大切な財産だからこそ何でも相談できる相手に任せるべきだと思います。上記でも述べたとおり、不動産業者でも得て不得手があり、大きな会社でも適当な広告をおこなって、定期報告も適当、お問合せもほとんどないという話をよく聞きます。

現在の不動産売買はインターネットでどれだけ多くの方に興味を持ってもらえるか?が非常に重要になります。

  • どれだけのネット広告をしてくれるのか?
  • 既に販売中の物件がどの様に掲載されているのか?
  • お問合せ頂いた方に買ってもらうための営業力があるか?
  • その不動産の事をどれだけ知っているか?(担当によっては建物の図面の見方もわからない方もいます)
  • 地域の事を知っているか?

上記のことは当たり前。話しやすい、相談しやすい担当者を選び、目一杯活動してもらう事が1番の高く売るコツです。