札幌・千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!株式会社エリアネット

  • エリアネットTwitter
  • エリアネットinstagram
  • エリアネットfacebook

千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!

店舗へのお問い合わせ0120-752-555毎週水曜日定休
営業時間 9時〜18時

2021.05.21

【相談01】病気になる前に自宅に住み続けながら老後の資金の準備をしておきたい

今回のご相談内容

娘様から…
「母の物忘れが激しくなってきた。認知症などの病気になってしまうと大変なので、今のうちに準備をしておきたい。母の財産は自宅の戸建だけなので、自宅を売って老後の資金にしたい。母は自宅に愛着があり、住み続ける事を希望しています。」と相談を受けました。

自宅を資金化して、住み続ける事を希望される場合リースバックをお勧めしています。

リースバックとはどのような制度ですか?

簡単に説明すると不動産を売却して、賃貸として入居を続ける事を目的としています。
不動産をあらかじめ現金化して老後の資金に充てたり、生前贈与や相続時に分けやすいように利用される方が増えています。

不動産を売却しても住み続ける事が出来るんですか?

賃貸として借りる事になるので賃料は発生します。賃料は近隣の相場を参考に設定を検討しますが、当社の場合はケースバイケースで対応しています。当社の場合は希望を伺った上で売買価格と賃料の設定を決めています。

私の相談では理想に近いと思うのですが、注意しなければいけない事はありますか?

今までお住まいの時には無かった賃料が掛かります。購入時にあった融資を完済されているとの事だったので、毎年の固定資産税の負担で済んでいたのが、毎月の賃料支払いが発生する事は負担に思われる方は少なくありません。

良い事はありますか?

名義は購入者になりますので、固定資産税の支払いもなくなり、火災保険の負担も貸主になりますので、賃貸用の家財中心の保険になるので負担額は少なくなります。老朽化に対しての修繕責任も貸している側に移りますので、メリットがある事も確かです。また、売買したことを近隣の方に知られる事もありませんので、永く住まわれている方からは近隣に知られずに取引出来て良かったと言われる事も多いです。

そういうメリットもあるんですね。

以前の事例では建物の老朽化が進んでしまったが、修繕費を捻出できず困っているという相談もありました。売買価格と修繕費を調整してリースバックを利用して修繕をおこなったケースもありました。

いろいろな考え方があるのですね。

メリットとデメリットを確認頂いた上でリースバックが良いのか判断頂ければと思います。
今はリースバックのお話だけですが通常の売買、買取、オークションなど他の提案も聞いていただいて判断頂ければと思います。まずはお伺いしてご説明いたします。

まとめ

今回はお母様がこの住宅に住み続けたい気持ちが強く、売買価格、賃料の希望がまとまりリースバックを選択する事となりました。

お伺いした背景には、お母様から相続を受ける兄妹が他にもいるのですが、不動産で相続して争わないように、現金で分けやすくしておきたいという事も考えに出てきたようです。

ご家族もお母様の財産なのでご自身の為に使っていただきたいとの思いがありました。意思能力のある今のタイミングでの判断でした。

お母様ご自身で使い道を考えられることで、周囲の親族の方も納得される事と思います。永くお住まいになられていると、地域内に友人も多く住んでいるので、近隣の賃貸に移る事に抵抗がある方もいます。そのまま住み続けられるリースバックの相談は非常に増えてきています。

相談は無料です。お気軽に声をかけてください。