札幌・千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!株式会社エリアネット

  • エリアネットTwitter
  • エリアネットinstagram
  • エリアネットfacebook

千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!

店舗へのお問い合わせ0120-752-555毎週水曜日定休
営業時間 9時〜18時

2021.05.30

【相談10】震災で液状化した土地は売れるのか、価格が知りたい

今回のご相談内容

震災の影響で清田区の家が倒壊し、その後札幌市で修復中の土地を今後使う予定がないので売却しようか検討しているので話を聞きたいという事で査定依頼を頂きました。震災があった地域なので価格が下がっているのかそれとも売れるかどうかを知りたいというご要望でした。

震災前まで住んでいた住宅なんですが、震災の影響で住める状況ではなくなってしまったので、他の地域で中古住宅を購入し住んでいます。現在札幌市で復旧作業中ですが、その後畑として使うか売却すべきか悩んでいたところ、友人から不動産を売却した話を聞きお問合せしてみました。

なるほど、ありがとうございます。売却できるかどうかのお話になりますが、売却自体は可能ですが、復旧作業の進捗の状態や作業自体の内容、信頼度によって価格の目安は変わっていきます。ちなみに作業は内容などの情報はありますか?

復旧作業は札幌市の方でおこなっていて、現状報告や定例会で進捗具合は把握しています。
震災前よりも頑丈な地盤となる予定だそうです。

なるほど。価格でいうと現在はやはり震災の影響もあり公示価格では下がっておりますが、復旧作業の進捗具合と地盤が頑丈であることを踏まえると震災前の価格で売り出しても問題ないかと思います。いくつか震災の影響で空いている土地がありますが、売りに出ている物件もほとんどなくベースとなる物件がないので震災前の価格で販売活動をしていきましょう。

液状化を経験している場所で土地を購入したいと考える方がいるか心配です。

正直なところ実際に売りに出してみないと分かりませんが、札幌市による復旧作業がしっかりと行われていると思いますので、私の方でも札幌市に確認をしてみますが、予定通り工事が進んでいるのか、O様が知りうる範囲の事をお伝え頂くだけでも安心につながります。売主となるO様も当社もトラブルになる事は避けたいですし、買主様ももちろんトラブルは嫌だと思います。ご理解いただける方を探してゆきますよ。

そうですよね。トラブルはお互いに嫌ですよね。わかりました。それではよろしくお願いします。

まとめ

この後、4か月ほどで無事成約となりました。購入された方も最初は心配されたていましたが、札幌市が復旧作業をしているという事や工事内容を説明する事で、安心につながり購入して頂きました。今回のケースは震災にあった地域の特別なケースでした。販売活動中も復旧作業中で何度も現地に出向き工事の進捗状況や予定を確認しました。震災地域ということもあり空いている土地はありましたが、震災後に売り出しを開始したのはこの物件が最初だったため価格の設定が読めない状況でした。売主様は当初、震災の影響で売れるかどうかを気にされていましたが、買主様へ復旧作業の内容や工事の進捗状況をお伝えする事で、買主様の安心につながり「購入に対する不安は無くなりました」と言って頂けました。不動産売買は購入も売却も大きな決断の場面です。少しでもわからない事があれば大きな不安になります。今回はこの「不安」をあらゆる手段を使って解消する事が出来ました。震災の影響があった場所で、震災前の相場と変わらず取引できた事は売主様にとっても、地域専門で活動している当社にとってもメリットがありあました。当社は地域専門で活動しているので、相場が下がってしまうと業績に影響が出てしまいます。この売買事例は次の査定にも成約事例として活用されますので、良い事例を作ることが出来ました。地域専門で活動しているエリアネット!不動産査定の際は是非声をかけてください。宜しくお願い致します。