札幌・千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!株式会社エリアネット

  • エリアネットTwitter
  • エリアネットinstagram
  • エリアネットfacebook

千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!

店舗へのお問い合わせ0120-752-555毎週水曜日定休
営業時間 9時〜18時

2021.09.05

【相談110】施設に入ることになった母の家を売却するかどうか迷っています

今回のご相談内容

実家で一人暮らしをしていた母が施設に入ることになりました。今は名義人は母なので、自分が相続するまで待ってから売却するか、今のうちに処分してしまうか悩んでいます。売却した方が良いのか、色々な面でメリットやデメリットが知りたいので教えてください。

まず不動産売却を考える前にできる状態かどうか確認させてください。名義はお母さまということでしたが、お母さまに売却の意思がありますか? 

うーん、そうですね。正直ふんわりとしか話していないんですが、母は不動産売却について、仕方ないって思っているところもあるし、帰る家がなくなるという寂しさもあるようです。

そうですよね。住み慣れた家がなくなるというのは寂しく感じる方が多いです。正直言って、この状況に正解というのはないと思います。ただとりあえずそのままにすることで考えられるリスクやデメリットを聞いていただければと思います。

はい、お願いします。 

例えば住まなくなった家は老朽化が早く、加えて放火や不法投棄等も気を付けなければなりません。そして税金面ではお住まいになっていた名義人が不動産売却するのか、相続した人が不動産売却するのかによって違います。また、現状であれば住宅として売却することができますが、例えば5年10年放置されてしまった家であれば、家で売却するのは難しくなりますので、土地として売却することになります。そうなると解体してお渡しすることが一般的なので解体費が掛かってしまいます。

なるほど、あまりいいことはないってことですね。

金銭面でのメリットはないと思います。また、この先万が一お母さまが認知症やご高齢により意思表示が難しくなってしまった場合は売却そのものができなくなります。一応成年後見人制度を使う方法はありますが、ハードルが高くお勧めできません。 

じゃぁやっぱり今売る方向で説得した方が良いですかね?

そうですね、客観的にみるとそう思います。ただ、施設に入るということですが、もしかするとお母さまは戻れると思っていたり、完全に戻らないにしても1日だけ帰るだとかそういう思いはあるかもしれません。そういったことで一気に元気がなくなってしまう方もいらっしゃいますので、入居費用等が現状でも賄えるのであれば、お母さまの意思を優先させてあげてください。

確かに。母の意思を確認する際は慎重に言ってみたいと思います。

まとめ

ご実家の不動産売却相談をいただくケースが多くなっています。ほとんどの場合、お気持ち的な問題を抜きにすると、早めに売った方が有利です。ただ名義人様が売りたくないという気持ちをお持ちの場合もあります。施設に入ってから考えるのではなく、いつどうなってもいいように早めにご家族内で相談し、方針を決めておけば、いざそうなったときに判断がしやすくなります。