札幌・千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!株式会社エリアネット

  • エリアネットTwitter
  • エリアネットinstagram
  • エリアネットfacebook

千歳・苫小牧・室蘭・十勝など北海道地域密着の不動産会社!査定に強いエリアネット!

店舗へのお問い合わせ

0120-752-555

毎週水曜日定休
営業時間 9時〜18時

2021.11.23

【相談187】市街地調整区域の古い建物の売却はできますか?

今回のご相談内容

札幌市手稲区にある市街化調整区域の土地を持っていまして、今築50年以上の建物が建っているのですが、使っていない土地なので持っていてもしょうがないし、どなたか有効に使ってくれるかたがいるんでしたらその方に譲りたいと思っています。市街化調整区域で建物が古くても売れるのでしょうか?

そうでしたか。現地をGoogleマップで拝見しましたが、周辺に自然が多いですね。

そうなんです。今までは自然が多いので別荘として使っていました。

建物は今使える状態なのでしょうか?

ここ何年かで使わなくなったのですが、どうかな…相応の古さと劣化などもあるので治す箇所はあると思います。

まず市街化調整区域であっても、ライフラインが確保できる場所であれば建物を建てて住むことができます。

ライフラインですか?

はい。基本的には水道と電気ですね。上下水道が通っていて、電気も繋がるのが必要です。

そうなんですね

あとは道路に面している土地である必要があります。現状で建物が建っているのであれば大丈夫かと思います。

なるほど、であれば大丈夫です。

最近は自分で好きなようにリフォームやリノベーションをしたいという希望も多いので、古い建物でも売却できますし、市街化調整区域であっても心配ないですよ!

よかった、売れないのかと思いました。

まとめ

今回のご相談内容ですが、市街化調整区域の広い土地を所有されていて、築50年の古家付の不動産のご売却相談でした。実際に現地を見に行きましたが、周辺は木で囲まれていて自然が多く、少し歩いたところには川もあり別荘としてはとても素敵な立地でした。市街化調整区域だとしても、売却をする前には私たちがしっかりと現地を見てご提案をさせていただきます。不動産のご売却についてご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください!!